定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

青春とは貧しくかつ尊いもの

夏の終わりに

 集中講義のため、この1週間は京都にいた。朝から夕刻まで連続の講義が5日間も続く。ほっこりもしたが、学生らのキラキラした眼差しに語ること充実を感じた一週間だった。
 おりしも真夏日が失せて秋風の吹く時期と重なり、過ごしやすい日々が続くことになった。暮れると、美しい半月が東山の上にぽっかり浮かんだ。

 二人の亡き人を偲ぶことになった。一人は12年前に教えたF君。もう一人は40年前職場で机を並べたHさんだ。F君は7月末に34歳の若さでこの世を去った。死因は白血病。鹿児島の高校教師であった彼の葬儀に50名の教え子が参列したと聞いた。寡黙で心優しいF君らしいエピソードを追悼の集いで聞いた。その集いは出町柳の鴨川デルタで行われた。同級生たち5人が仕事を終えた午後6時、京大吉田キャンパスからほど近い鴨川の河原に集まり、F君の在りし日の想い出を語り合うこととなった。穏やかな夜で、鴨川のせせらぎが懐かしく耳に響いた。
 このデルタは、「ドキュメント72時間」にも登場して、そこに集う若者群像を描いて評判になった「聖地」。私らもそれに倣って、デルタの最先端の「剣先」に円陣を組んで、亡くなったF君の冥福を祈った。1分間の黙祷の間、鴨川のせせらぎがやけに大きく響いた。F君の人生を思うと、同じ鹿児島出身で高校教師であった、俳人篠原鳳作の短い一生とその代表句が浮かんで来た。
しんしんと肺碧きまでの海の旅

 もう一人のHさんのご自宅は山科にあるので、講義をすべて終えた土曜日の午前に訪問した。奥様と長女のともちゃんが私を待っていてくれた。78歳になっても頑健でかくしゃくとしていたHさんが、突然この春におなかに痛みを覚えて入院したそうだ。調べてみると膵臓にやっかいな癌が発生したのだ。それから数ヶ月の病と闘って、Hさんは幽冥の境を越えて行った。病と闘ってと記したが、尊厳死協会の幹部でもあったHさんはすべての治療を放棄して、静かな末期を選んだと、奥様から聞く。

 Hさんのお宅を辞去して、京阪電車で三条京阪の駅まで向かう。ここで大阪に住む長女とその連れ合いと待ち合わせて、北白川のお寺を二つ訪ねた。曼殊院と詩仙堂である。両方とも夏の終わりとあって参拝する人が疎らで、実に穏やかで楽しい時間をおくることができた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-09-05 00:53 | Comments(1)
Commented at 2017-09-13 20:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ブラームスを聞きながら ペタペタを読みながら >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧