定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
全体
冬のソナタの秘密
シリーズ作品回顧
夏の香りチェック
ブログコミュニケーション
新しい番組を構想して
冬のソナタクイズ
シリーズ世界わが心の旅
2004年度ドキュメンタリーの現場
登羊亭日乗
ふるさとへ
魂のこと
ブロギニストのDJ
マイ・フェボリット・ソング
30年の自画像
賢者の面影
大伴昌司の遺産
テレビって何だろう
わが心のシーン
1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ
あしたのジョーの、あの時代
SF幼年期の、終わりに
冬のソナタを考える
少年誌の青春時代
斜陽を考える
人生にジャストミート
センチメンタルな気分で
3・11
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

ペタペタを読みながら

ペタペタを読みながら

 昨日の「山の日」も今日の土曜日、明日の日曜日もまったく関係ない。毎日が日曜日の夏休みだと、今何曜日だったか忘れることもしばしば。昼から酒を飲んでも咎められることもなく、ネットサーフィンして不倫記事を読みふけっても文句も言われず、ご大層な身分だ。
 しかし、こんなにホリディが続くとさすがに居心地が悪い。なにかずる休みをしている罪悪感がむくむくと頭をもたげてくる。そんなこと気にするなと言い聞かせても、47年間つちかった勤め人根性は一朝一夕には消えない。

 面壁5分。「そうだ、月末の集中講義の授業案を再考しよう」と思いついた。8月28日の月曜日から9月1日の金曜日まで京都の大学で開講する映像メディア論。連続5日間にわたって、終日映像メディアをめぐっての議論を展開するのだ。私が一方的に話をするのでなく、学生諸君の反論、批評に期待をしている。このスタイルはもう5年程続けているが、今年はより活気づく議論を引き出したい。どうすれば学生の重い口を開くことができるか、これを角を飲みながら考えることにした。(これをカクウチという)

 去年同講座の実施したノートをなぞるなんてことはしない。むしろ、今年のM大学で講じた映像論をたたき台にしよう。そこで、15回あった授業のそれぞれのサブテーマをペタペタ(ポストイット)に書き出し、ベッドの横の壁に貼付けてみた。
 1、ドキュメンタリー(番組)には作為あり
 2、人間を描くことが最高
 3、死者も主人公だ、ただし映像は過去を描くのが苦手
 4、映像の編集はEDITでなくCUTだ、モンタージュという武器
 5、自分なりのライフワークを作ろう
 6、サブカルチャーも立派な対象(ターゲット)
 7、カメラマンの偉大なチカラ
 8、アートドキュメンタリー/止まった画をどうやって動画に
 9、証言はチカラ、インタビューはタカラ
 10、社会変動・その1 日本人と戦争
 11、社会変動・その2 被爆の苦
 12、社会変動・その3 人災/不条理な被曝 
 13、社会変動・その4 世界の戦争
 14、作為と悪意
 15、まとめ

 授業の一こまは90分あるから、テーマに相応しい見本を一部試写をすることになっている。大半が私自身の作品である。例えば、3は「もう一度、投げたかった」で、主人公は故津田恒美投手。5は大江健三郎の生き方ということで、「響きあう父と子」。6は戦争画で小早川秋聲をとりあげている。私以外の人が作った作品も数本あって、10は若い女性ディレクターの「祖父と鉄砲玉」。12は3・11の名作「ネットワークが作る放射能汚染地図」。

 さて、ここからが思案。もっと大胆に映像の特性を訴える構成ないしは素材はどうしたらいいか。本番まで2週間あるから、ひとつじっくり考えて行こう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-08-12 16:00 | Comments(0)
<< 青春とは貧しくかつ尊いもの 広島から遠く離れて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧