定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
全体
冬のソナタの秘密
シリーズ作品回顧
夏の香りチェック
ブログコミュニケーション
新しい番組を構想して
冬のソナタクイズ
シリーズ世界わが心の旅
2004年度ドキュメンタリーの現場
登羊亭日乗
ふるさとへ
魂のこと
ブロギニストのDJ
マイ・フェボリット・ソング
30年の自画像
賢者の面影
大伴昌司の遺産
テレビって何だろう
わが心のシーン
1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ
あしたのジョーの、あの時代
SF幼年期の、終わりに
冬のソナタを考える
少年誌の青春時代
斜陽を考える
人生にジャストミート
センチメンタルな気分で
3・11
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

広島から遠く離れて

広島の日の、次の日(広島から遠く離れて)

 広島局から東京の本部にもどったのが1995年。被爆50年の年だった。あれから22年も経ったのだ。
昨夜のNHKスペシャルは、ビッグデータという新しいツールで原爆死の解明に向かうというチャレンジングなドキュメンタリーだった。たしかに5万とか50万とかいう数字を束ねて見えて来るものがあるのは事実だが、その解析、解説を行うのが、我々も当時お世話になった広島大学の先生たちというところに、今のヒロシマがかかえている問題というか課題が見えた、気がした。それにしても、原爆式典で、核兵器廃絶の国際世論に日本が加わらないことを事上げした市長の言葉、保有国と非保有国の間に立って、両者を結びつける努力をするという首相の言葉。聴くだに空しい。まさか72年も経って、犠牲者にこのようなことしか報告できない状況が来るとは22年前には予想もつかなかったのだが。

 あってほしくはないが、今後の北朝鮮のミサイル騒ぎ。いかなる波紋が波紋を呼んで負の連鎖が臨界まで達したとき・・・。想像するだけでもそら恐ろしい。こういう空想が実現させないためにもヒロシマの日は意味を持つのかもしれない。マッチョな核武装論議などが出ないように、国民ひとりひとりに「8・6」が問うてきているのだ。

 日が明けると、8月7日という日はまったくヒロシマを忘れて「夏休み」「お盆」と夏の風物詩を画にしたような状景に変わる。そのものになる。区民プールも朝から家族づれで溢れかえっている。(それにしても外国人の多いこと)

 私は、先月急性白血病で亡くなった鹿児島の教え子、13年前事故で墜落死した四国の教え子のふたりの人生を朝からずっと考えている。鹿児島は男性でF君、今年33。四国は女性記者でMさん、当時享年26だった。Mさんは今生きていればアラフォーになっているか。
ふたりとも番組制作の仕事を志向していたので、個人的にもあれこれ教える機会が多かった。二人とも熱心だった。
 F君は結局メディアへの就職をあきらめ、故郷に帰って、高校の歴史の教師になった。寡黙だがやさしい人柄で、生徒から慕われたと聴く。去年、結婚してすぐに発症し、闘病の末に、本年7月に永眠した。
 Mさんはキイ局には入れなかったが、信州のテレビ局に入り、放送記者という肩書きで地方の福祉を見つめるドキュメントを作り始めた矢先の2004年の早春。取材中の事故で殉職した。
 この二つの魂を思うと心が異様に昂る。なにか人生が理不尽で不平等な気がしてならない。不適当かもしれないが、まるでヒバクシャの不条理な死と似ていると思えてならない。

 白金の大学の図書館に朝から詰めて、小説を読みあさった。彼らの死を、どう理解すれば良いか指針を探した。大江健三郎の中期の作品はその手がかりをいくつか与えてくれた。午後4時過ぎまで書庫にこもっていたが、さすがに疲れてキャンパス中央にある園庭でぼんやり花を見ていた。園庭には20本ほどのさるすべりの木にぼってりと白い花がついていた。花の終わりらしく、風が吹くごとに白い花びらが細かく舞う。夏の夕暮れ、大学のキャンパス、さるすべりの白い花房・・・。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-08-07 21:01 | Comments(0)
<< ペタペタを読みながら 台地地形の面白さ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧