定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

若林暢のヴァイオリン

心奪われる若林暢の音色

21日の夜、銀座王子ホールで開かれた、魂のヴァイオリニスト若林暢(のぶ)を追悼するコンサートに出席した。
昨年、58歳の若さで病死した若林暢と親交のあったウィーンフィル首席奏者のワルター・アウアーと長年伴奏者だったアルバート・ロスの二人が共演したのだが、素晴らしい演奏で久しぶりに心が洗われるような気がした。

 主人公不在のコンサートにもかかわらず、会場には暢さんの思いが充満していた。なぜそんな気になるのか不思議だった。

 今、この女性ヴァイオリニストに夢中である。もともとクラシック音楽には縁遠い私だが、この人のブラームスの録音を聴いて心を鷲掴みされた。とてつもなく深い音色、すばらしい技術、再現芸術の最高レベルと感心感動したのだ。なぜ、こんな人がこれまで知られることがなくスリープしていたのだろう。

 今夜、彼女の演奏を聴くことができる。FM横浜で午後9時から若林暢の特集が放送されるのだ。特別ゲストにさだまさしが登場する。さださんは生前の彼女と親交があったということで、その人柄や演奏について語ってくれるそうだ。
よく考えれば、さださんは若い頃ヴァイオリニストを目指していたのだから、その道にくわしいはずだ。どういう評価をしてくれるのか楽しみ。

暢さんは芸大を首席で卒業後、渡米してジュリアード音楽院で学び、1986年のポーランド、ヴィニャフスキコンクールで2位を獲得している。2位といっても副賞は総なめで、特に最優秀音楽解釈賞はすばらしい実績だ。ちなみにヴィニャフスキとは近代ポーランドが生んだ名ヴァイオリニストで、この賞は専門家のなかでは高い評価を受けている。翌1987年にはカーネギーホールでリサイタルを開き、ニューヨークタイムスで絶賛された。

 長く欧米で活動していたため日本での知名度は低い。かつ、レコードからCDデジタルに録音技術が変わってから暢さんは録音することを敬遠するようになったため、レコードはたった2枚しかない。それもロンドンとケルンでの作品だ。その希少な音源がソニーミュージックダイレクトによって今回CD復刻された。タイトルは「魂のヴァイオリニスト」。題字はさだまさしとなっている。2枚組で、ひとつは「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集」、もうひとつは「ヴァイオリン愛奏曲集」だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-06-23 07:32 | Comments(0)
<< きさくなピアニスト 寓居にて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧