定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

君住む街角

まさぐっていたら

 どこから現(うつつ)で、どこから夢か。
明日の授業の準備を朝からずっとやっていて、夕方目処がやっとついて、一息ついた。
部屋の隅に大磯から持ち帰ったDVDやCDが未整理のまま放り込んである。私のだけでない、息子や娘の青春だった頃の歌や曲がそのケースボックスに入っている。

 パソコンに飽きて、そのボックスを探っていると、アンディ・ウイリアムスのアルバムが出てきた。
昨年亡くなったエグチが好きだったアルバムだ。彼が1968年に購入したときはLPのレコードだった。
そのアンディの歌声を聞きながら、エグチは黒田三郎の詩を朗読していた。
 オレは、めんどくさい現代詩よりアンディ・ウイリアムスの歌のほうがよほど好きだった。アルバムの冒頭は「ムーンリバー」だったが、それは興味がない。
お気に入りは、ミュージカル「マイフェアレディ」の挿入歌、「君住む街角」だ。

久しぶりに聞いた。
懐かしい金沢の、材木町の雨に濡れたアスファルトの道を思い出した。

♫今まで何度も歩いたこの通り 脚はこの舗道を踏みしめていた
だけど、今日の僕は宙に浮いている
君がこの街に住んでいると 知ったから

なんて安っぽくて心に沁みる歌詞だ。ますます金沢の街がりプレゼンテーションしてくる。

後半の歌詞も記しておこう。

♫君が近くにいると思うだけで 居ても立ってもいられない
いまにも君が現れるんじゃないかという
素敵な予感にオレは圧倒されそう

人がオレをじろじろ見たってかまわない
だって オレが居たい場所はここしかない
いくら時間が流れてもかまわない

君の住む街角にオレが居られるなら

なんて、原詩を自分流に訳してしまった。なんてこったい。もう一度、1968年の金沢の街に帰りたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-05-01 22:58 | Comments(0)
<< 黄金週間のはざまで 春のおとずれ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧