定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

ソウルへの道

白い峠黒い峠
c0048132_16163218.jpg


まだ軍政支配から抜け切らない1988年、私は大江さんと共に韓国へ詩人の金芝河さんに会いに行ったことがある。
金浦空港の入国審査で大江さんは長時間留め置かれた。以前、大江さんは反政府的な行動をとったという疑いのためだ。
遡ること数年前、金さんに死刑判決が出たとき国際的な救援運動が起きた。日本でも数奇屋橋でハンガーストライキが文学者や知識人らによって実行された。大江さんも参加していた。
数時間待たされたが、結局入国することができた。その間、大江さんは静かに読書していた。

大江、金の二人はヒロシマのことについて語り合うことになっていた。この対話は厳しい発言をはらむものとなるが、日韓関係を未来志向において考えていくうえで大切な点を浮き彫りにした。
その対話の始まる前、あいさつを交わしたあと大江さんは金さんの詩の一部をそらんじてみせた。
    ソウルへの道
行かねば
泣いてくれますな、行かねば
白い峠、黒い峠、渇きの峠を越え
足どりも重くソウルへの道を
春を売りに行かねば
――


身売りされてソウルへ向かう朝鮮の少女を歌った詩だ。
金さんは笑って原語で応じた。「白い峠、黒い峠、渇きの峠」韻を踏んだ朗唱。
役者でもある金さんの声は美しかった。

昨年、「冬のソナタ」の取材で韓国を訪ねた。春川とソウルを何度も往復した。
春川からソウルへ向かうとき本当にいくつも峠があるということを知った。今は高速道路になったこの道を、かつてほこりをかぶりながらソウルに向かって歩いていった少女の姿が見えた、ような気がした。

いつの日に帰られるやら
いつの日にこぼれる笑いも明るく
ひとはな咲かせて帰られるやら
デンギを解く謂れなぞあるまいし
行かねば

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2005-09-06 16:16 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 渋谷ジャンジャンの思い出 高峰秀子 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧