定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

人格者だった編集者

 マルさん

 夕方、東京新聞を読んでいた。3面の訃報記事で編集者の丸山昭さんの名前を見つけた。
番組で2度ほどお世話になっている人物だ。ひとつは赤塚不二夫の「全身漫画家」というETV特集、もうひとつはGTVの特集「ちばてつや、ありがとうトキワ荘のみんな」。
 ちばさんが事故で利き腕の右手に大きな怪我をおったとき、締切間際の原稿をかかえていて立ち往生した。そのとき漫画家たちの梁山泊だったトキワ荘に駆けこんで、助力を得たというエピソードを描いたのが「ありがとうトキワ荘のみんな」だった。このとき、ちばさんをトキワ荘に結び付けてくれたのが、当時少女雑誌「りぼん」の編集者だったマルさんこと丸山昭氏だった。この事件の顛末を丸山さんから語ってもらった。

 もうひとつの「全身漫画家」は赤塚の伝記で、彼のトキワ荘時代のエピソードを南長崎の跡地で語ってもらった。晩秋の寒い日だったが、マルさんは嫌な顔ひとつ見せず、赤塚の在りし日の思い出を楽しそうに語ってくれた。
後で、当時を知る漫画家たちに聞くと、人情熱いマルさんは誰からも信頼され慕われていたという。私が取材したときで70代後半だったから、かなりの高齢に達していたのだろう。訃報で享年を確認するのを失念していた。

たしか赤塚不二夫が高校生だった石ノ森章太郎と初めて手塚治虫を訪ねたときも、編集者として別室に控えていたマルさんが仲介の労を果たしてくれたと記憶するが。とにかくマルさんは世話好きで面倒見のいい編集者だった。さぞかし盛大な葬儀になるだろうと予測したが、訃音には親族だけの密葬とあって意外な気がした。

嗚呼、また昭和の漫画史を知る人材が消えた。彼らの声を残したいと20あまりの昭和漫画のドキュメントを制作してきたが、その意義をきちんと果たしただろうかと自戒の思いがこみあげる。皮切りとなる「大伴昌司の番組」が、後年奇禍と遭遇してから私のなかから情熱が失せたのも事実。だがマルさんのような情報通がいなくなったと聞けば、番組制作当時の取材ノートを引っ張り出して、記憶の断片をつなぎたくなるのも事実だ。

マルさんのご冥福を祈る。合掌。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2017-02-08 21:50 | Comments(0)
<< 卒業旅行 忘れないうちに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧