定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
全体
冬のソナタの秘密
シリーズ作品回顧
夏の香りチェック
ブログコミュニケーション
新しい番組を構想して
冬のソナタクイズ
シリーズ世界わが心の旅
2004年度ドキュメンタリーの現場
登羊亭日乗
ふるさとへ
魂のこと
ブロギニストのDJ
マイ・フェボリット・ソング
30年の自画像
賢者の面影
大伴昌司の遺産
テレビって何だろう
わが心のシーン
1ヒト・2ウゴキ・3ジダイ
あしたのジョーの、あの時代
SF幼年期の、終わりに
冬のソナタを考える
少年誌の青春時代
斜陽を考える
人生にジャストミート
センチメンタルな気分で
3・11
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント

送別会

新しい芸風

25日の夜、私の送別会を開いていただいた。6時半にオフィスの会議室で手作りのケータリングを準備していただいて始まった。ウィークデイの宵にもかかわらず思いがけない人の数で、多忙のなか足を運んでくれた仲間の気持ちに感謝そしていささか恐縮。

宴たけなわのところで、かつての部下のみなさんが私の思い出を語ってくれたのだが、話を聞いているうちに黙っていられず途中でマイクを奪って乱入した。あまり送別会で挨拶以外で当人がでしゃばるなんてことはないと思うが、一言もの申すの性分が出てしまった。

なかでもTの発言は見逃せず、事の顛末を面白おかしく盛大に語ってしまった。
6年前のあの東北大震災のときのことだ。当日、私とTは神田の高名な画商を取材していた。たしか高山辰雄の作品についてであったと思う。2時、大きな地震が来た。壁にかかった名画がガタガタ揺れて相当大きな地震ということはすぐ知れた。長い振動が続いたあと、外の様子が知りたくて私は往来に出て周りのビルを注意深く見まわした。風景に異常はない。見た目にはさほど被害も出ていない。ただおおぜいの人が通りに集まっていた。ひとまず安心して屋内にもどった。

 このときの様子をTは私が地震におびえて外へ飛び出したと話を膨らませた。むろん受け狙いもあっただろうが、いかにも怖がりと言わんばかりで聞き逃すわけにはいかない。彼のスピーチが終わり次第マイクを奪って私はこう言った。
「私が怖がり?Tがそんなこと言えるか。そのあと起きたことを忘れてしまったのか。
交通機関がすべてストップしたので、澁谷のオフィスまで歩いて向かおうということで神田を出発した。ところが秋葉原まで出たところでTはもう行けないと弱音を吐いた。たった一駅でだ。体が疲れたのか、余震が怖いのか分からないがTは動こうとしなかった。こんなときだからこそオフィスに駆けつけるべきと、私は叱咤したがTはいっこうに腰を上げない。痺れを切らして私は単独で歩いて行くぞと宣言。一路澁谷を目指して外堀道路を私はひとり歩くことになったのだ。あのときのことをT君,キミは忘れてはいませんか。(ドヤ顔)」
一気にしゃべると溜飲がさがった。すきっ腹もあって酔いが回った。このバトルににやにや笑う人、下をむいて笑いをこらえる人、会場はすっかり宴会のくだけた雰囲気になった。

 こうなると止まらない。ゲストのスピーチにいちいち半畳を私ははさむようになった。(いま思い出すと恥ずかしい。冷静に分析すると私は見送ってくれる人になにか恩返しでもしたいとはしゃいでいたようだ。)
 会がお開きになったとき、何人かから面白かった、いい会でしたよと声をかけられて、「ヤッター」と内心快哉を叫んだ。
こうして私の47年のサラリーマン人生は幕を閉じたわけである。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-01-27 13:41 | Comments(0)
<< 便所掃除 定年の定年 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧