定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

杉の戸を

杉の戸を

1月17日。残り2週間となった――。
今朝も寒いが、空は澄み切っている。東京がこんなに晴れ渡っているのも越後で雪雲を遮っていてくれるからだ。毎日のニュースで伝わる雪国の過疎の苦難。申し訳ない気がする。

 話は飛ぶが、万葉の世界で「死」を歌うのは挽歌と呼ぶことは知っていたが、さらに自死した人の歌を自傷歌というのは知らなかった。主に辞世の歌を指すのだろう。大津皇子の歌を山本健吉がそう紹介していることが心に残った。そういえば大津皇子が落命するのは冬の季節であったか。

 夕方5時。「夕焼け小焼けで日が暮れて」のミュージックサイレンが鳴っている。窓外を見やると日がまだ残っていることに気づいた。少しずつ日が伸びている。

 久しぶりに企画書を作成した。長崎地方の教会堂群のことだ。一昨年、長崎から五島列島にかけて分布する教会堂群をユネスコの世界遺産登録として申請されたのだが、コンセプトが広がりすぎて採用されなかった。ユネスコの指導で、キリシタン禁教時代の教会にしぼったほうが良いとのアドバイスをふまえて2018年に再申請する予定らしい。

 ちょうど、マーチン・スコセッシ監督の映画「沈黙・サイレンス」が封切られるということでキリシタンに関する話題が耳目を引くことになるだろうが、そういうことでこの企画を構想したわけでない。
 先月初頭、上智大学で開かれたキリシタン文化研究会で、純心大学学長の片岡瑠美子先生が「長崎の教会堂建立の歴史的背景」を発表したことに由来するのだ。先生は狭い意味での禁教時代に絞り込むと、長崎地方の教会が果たした意味が薄れるのではないかと問いかけていた。潜伏していたキリシタンが明治の信教の自由で解放されたとき、カトリックに復帰することをめぐってかなり苦しい逡巡があった。4百年にわたって先祖から受け継いできた信仰がカトリックのそれと合致するのだろうかという迷い、悩みである。
 その悩む信者たちに招きの翼を広げたのが、外国人宣教師らの手によって建造された教会堂であった。教会は単なる建物でなく、信仰の顕現としてあったのだと片岡先生は考えている。この話を聞いたとき何か脳天に響くものを感じたので、その感動を「番組」にしたいと願ったのだ。

 「蛍の光」も元はスコットランドの民謡だったのが、明治の開化期に日本へ入ってきた。原曲も別離の曲だったのかもしれないが、日本語詞もそういう意味を備えている。
♪ほたるの光 窓の雪 文読む月日重ねつつ いつしか年も杉の戸を(過ぎの遠) 開けてぞ今朝は別れゆく
「杉の戸を」と(過ぎの遠)を掛けているのだ。だから後段の「開けてぞ」は杉の戸を開ける意味になるようだ。なんとなく別離にふさわしい情感をそこはかとなく抱いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-01-17 17:28 | Comments(1)
Commented at 2017-01-19 22:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 定年の定年 訂正と偶感 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧