定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

 2018年初

正月

 2017年になった。早生まれの私も69歳。同級生からの賀状には「今年で古稀をむかえ」という文言が散見される。
といっても私自身は旧年2月の弟の死があったので、2018年は年賀状を出すことを控えた。知己諸先輩にはあいすまないが、今年は欠礼させていただくことにした。乞寛恕。

 いくつになっても思うのが、冬の東京というのは本当に天気がいいのでいつも得をした気になる。今年も元日、2日といずれも冬晴れの青空が広がっている。幼い頃、故郷敦賀には年末から寒波が押し寄せ、正月でも大雪に見舞われることが一再でなかった。元朝、目覚めると軒には氷柱が下がり、目の前の田んぼは一面銀世界に変わっていた。空には黒い雪雲がどんより居座って、景気の悪い天候だったが、子供にとってはそんな風景が気に入らないわけでもない。ただ正月あそびは表日本とは違う。戸外でタコを揚げることなどありえない。東京の出版社が出している学習雑誌を開くと、男の子は凧揚げ、女の子は羽根つきを楽しむ光景がかならず描かれていた。雪のなかで正月をむかえる地方などまったく眼中にない。被害者意識丸出しでいえば、われらは「化外の民」扱い。わが故郷は辺境なのだという妙なコンプレックスがいつまでも残った。だから今でも季語に対しては過剰に気を使う。

 だが、そんな私も首都圏に居を構えて23年。もはや18年すごした故郷より長くなったが、いまだに快晴の東京をむかえると、なにか得をした気になる。
 一方、新雪を食べる爽快感などは消え、雪遊びで長靴のなかまで濡らした不快が入り交じった遊び心などは次第に薄れて行くのが寂しい。

 浦上玉堂の伝記を読んでいて、「雪を欲す」という表現を知った。宋の時代の漢詩によく使われている。ちょっと句をひねりたくなった。
  雪を欲す玉堂狂ふ会津山
  陶詩杜句名残は尽きぬ年の暮

 こんな句が浮かぶのも、年末からずっと『浦上玉堂伝』(久保三千雄)を読みふけっているからだろう。仙人かと思っていた玉堂が意外に生臭い生き方を選んだと知って、親近感がますます湧いた。

 2018年、今年はトランプの野望がどのようになるか、沖縄の苦悩を本土がどこまで共有できるか、グローバリズムの氾濫をどう制御するか、湧き起こるナショナリズム、ポピュリズムとどう向き合うのか――考えることは少なくない。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2017-01-02 16:21 | Comments(1)
Commented at 2017-01-04 13:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 訂正と偶感 再見 春が来る道 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧