定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

山屋敷

c0048132_1224759.jpg
c0048132_12231774.jpg
山屋敷

 日曜日、信濃町の慶応病院に見舞いに行き、その帰途、小石川まで足を伸ばした。12月に入って寒い日が続くなか、珍しく快晴でぬくい日だった。信濃町から水道橋に出た。神田川をわたって本郷の方へと歩く。春日通りを越えて左に折れて、文京区小日向の地名を探した。行きかう人に道を尋ねると、8百メートルほど先だという。黙々と歩いた。

伝通院を通り過ぎ 茗荷谷の交番で「切支丹屋敷の跡地はどこですか」と聞くと、親切な巡査は地図で確かめて、この裏の谷に切支丹坂がありますからその側にあるでしょうと教えてくれた。このあたりは坂道が多い。神田川の河岸段丘の地形だろうか。屋敷は段丘が少し飛び出た舌状の台地にあった。むろん今は屋敷はない。記念碑が建っているだけだ。 江戸時代キリシタン禁教令が出たあと、見つかった信徒たちはこの屋敷に閉じ込められていたと記録が残っているだけだ。なるほど舌状の離れた台地は隔離するには都合のよい地形、まさに牢獄であったろう。通常山屋敷と呼ばれた。
 禁教令が出て50年後に捕縛されたシドッチが、この屋敷の最後の虜囚だ。イタリア、シシリー出身のシドッチは、禁教の日本に密入国するのは危険だと幾度も説得されたにもかかわらず、布教の思い断ちがたく、ついにマニラから鹿児島県屋久島に潜入。髷を結って二本差しの日本人に扮したが見破られて捕まったという。青い目とのっぽの体型は目立ったに違いない。捕らえられた宣教師は江戸の山屋敷に送り込まれたのだ。遠藤周作『沈黙』のモデルといわれる。

 この屋敷で、幕府顧問の新井白石の尋問をシドッチは受ける。宗教以外の問答のなかで、シドッチの知性に驚いた白石は、西洋の学問を学ぶ必要性を感じ洋学解禁を幕府に進言することになる。すなわちカトリックのスペイン、ポルトガルなど南蛮の文化でなくプロテスタント国であったオランダ、イギリスなど紅毛の学問のみ解禁させたのである。これによって医学、天文学、航海術などの進んだ学問を日本はキャッチアップすることが出来て、日本のサイエンスの素地は作られていく。この潮流はついには明治維新の改革にまで繋がっていく。

 現在の屋敷跡地にはモダンなマンションが建っていて、往時の気配などどこにもない。
午後3時を回って陽が翳った。八兵衛の夜泣き石と伝説が残る石がある。殉教した者を偲んだ記念の石らしい。これだけが唯一の名残りだった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2016-12-20 13:00 | Comments(0)
<< 職場周りの食いもの屋 高輪・義士まつり >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧