定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

雨の権之助坂

時雨来てとんぼの形見ほろほろと

時雨のなか、目黒図書館に出かけた。日曜日とあって、権ノ助坂には家族連れが多い。冬が始まったばかりなのか、どことなく賑わいというか華やぎというか、ヒトのぬくもりのようなものが多く感じられた。むろん雨は冷たいから、けっしてほっこりした気分に長くいさせてはくれない。でもせめてそれぐらいのぬくもりをあの去っていった人にも贈って上げたい。

前回のブログの御題どおり、寒くなると途端に訃報訃音が次々に舞い込んで来た。
昨日の朝、敬愛する先輩のTさんから一報が入った。新宿ゴールデン街の「とんぼ」の秋子ママがついに亡くなったという。2年ほど前に乳がんになり闘病を始めたと聞いていたから癌が最大の敵だとは知っていたが、まさかこんなに早く逝くとは予想しなかった。
1ヶ月前、久しぶりに店が開いていたので寄って、秋子さんと30分ほど話し込んだことがあった。そのときは、脱毛してウィッグをかぶっていて、本当は丸坊主だよと自嘲しながら語っていたが、死期が近づいているなんてことはこれっぽちも思わせなかった。来年は週に一日だけ店を開けるつもりだと笑って語っていたのに。

 秋子さんとは出会ってから今年で25年ほどになるだろうか。ちょうどバブルの真っ最中で、まだ主婦だった彼女は友人のやはり主婦のHさんといっしょにKさんの主宰する飲み歩きの会に参加していた。そこで私たちは出会った。主に新宿や四谷の割烹や居酒屋を徘徊したが、年末年始には浅草の観音裏の江戸料理の店や「あまかす」などで節季のお祝いなどをしたものだ。その頃、タクシーがなかなか掴まらず、始発の電車を待つため、ゴールデン街で夜明かしすることも少なからずあった。

バブルが弾ける直前、美空ひばりの死からほどない頃、飲み歩きの会のリーダーのKさんが五十半ばで急死した。主人を失った飲み歩きの会は次第に萎んで行った。

数年後、秋子さんは主婦をやめてシングルになったと言って、ゴールデン街の真ん中で「とんぼ」という酒場を始めた。私はディレクターの仲間や後輩を引き連れて繁く通うようになる。
その後、私は広島へ異動し、帰ってきて脳出血を発症したり大磯へ転居したりして、とんぼへ通うことも少なくなる。この3、4年は秋子さんと顔を会わせることも、年に2、3回となっていたであろうか。だが、20年来の友は懐かしく、新宿へ足を向けるようなことがあると、よく「とんぼ」の前まで行ったが、最近は店が閉まっていることが多くなっていた。

 秋子さんはたしか私と同年のはずだ。まだ67歳だった。画が得意で、店の壁には自分で描いたデッサンが架かっていた。彼女の前半生がどういうものであったか詳しくは知らない。が、涙と無縁の人生ではなかったのじゃないだろうか。時折、伏し目がちになる表情にそういうことを感じた。結局、25年も付き合って、何も知らない人生だったが、秋子さんという大事な友だちを失ったという喪失感が、ほろほろとこみ上げてくる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2015-12-13 16:33 | Comments(1)
Commented by 万象 at 2016-01-12 11:45 x
とんぼの蘇秋月さんは貴方が22年か23年生まれのかただとしたら21年生まれの69才生命を全うしたので同じ年の方ではないです、飲み屋をやっていたのでお客さんのまえでシングルと言っていたけれど本当は別れてなどいませんでしたよ。極めて賢い人でしたので多くの人は勘違いさせられていたけれど死の前にはすべてはあからさまになりますね、一つの伝説が生まれる余人をもって代えがたい人でした、合掌
<< 母の昇天した日に 寒くなると訃報が増える >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧