定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

寒いといっても、この程度ぐらい

寒いといっても、この程度ぐらい

朝の瞑想の前、ベランダのガラス戸を開ける。冷気が入って来る。少し寒いが、それよりも爽やかさのほうが大きい。
小学校の頃、12月初旬ともなれば霜が降りていた。霜をぐちゃぐちゃつぶして登校したものだ。低学年のときはまだ足袋を履いていた。下駄と足袋で学校に通っていたのかな。記憶があいまいだ。
あの頃は寒かった。朝8時過ぎに教室に入ると、まっすぐストーブの前に走って行った。柵の前に椅子を並べてわいわいおしゃべりをしたものだ。担任が回って来て、「子供は風の子」と叫んで、校庭で走って来いと指示する。仕方なく、足袋を脱いで、冷たい廊下を走りぬけ、さらに冷たい大地に足裏を置いた。飛び上がりたいほど冷たい。
だが、それも5分も経てば、みな鬼ごっこで走り回っていた。

今はサッシの窓になっていてすきま風など吹かないが、あの頃は自宅も学校もどこでも隙間風が吹いた。これが寒さをいっそうつのらせたものだ。むろん、子供はお湯など使えない。朝の顔を洗うときの寒さ、冷たさは忘れられない。
前の晩にランドセルに入れる教科書などの道具合わせをしておけと親からいつも言われていても、いつも朝の慌ただしいなかでやった。
案の定、忘れ物はしょっちゅうだった。いつか、非番の父が私の忘れた教科書を届けにクラスまで来たとき、廊下に立たされている私を見て、何も声もかけず回れ右をして帰った。その夜、夕食のあいだ、ずっと小言というか苦言というか、説教をくらう羽目になった。

電気ごたつはまだなかった。やぐらこたつを使用していた。夕飯が終わると、火鉢の炭をこたつのやぐらに移し替えが行われた。宿題は寝床に入ったままやった。だから最後まで達成せず、途中で眠り込むこともたびたびだった。割り算の計算が苦手。特に「余り」を出す方法がなかなか理解できず、いつも後回しにした。その空白の割り算を残したまま登校する。学校までの寒い道のりのなかで、先生にまた叱られるのだと思うと憂鬱だった。かといって、ずる休みをして家にいることなんて考えられなかった。友だちと野球をしたり肉弾をしたり、水雷艦長をしたりすることがめっぽう楽しかった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-11-29 09:19 | Comments(0)
<< 小松左京を宇宙へ送り出す会 偉大な女優 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧