定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント

忘れられない

忘れられない

昭和49年のことだ。朝のテレビ小説で、「鳩子の海」というのがあった。
山口県の山陽道である女の子が保護されたことからドラマは始まる。その子が物語の主人公。特殊爆弾が広島に投下されて2,3日後のことだ。その娘は記憶を失くしていた。おそらく広島の犠牲者であったのだろうと推測されるが、記憶がないために何も分からない。その子が成長して、物語が始まっていく。
このテレビ小説は実際に広島を体験したものには漫然と見ることを許さなかった。

NHK広島放送局にひとりの老人が一枚の絵をもって訪ねてきた。このテレビ小説を見ていたら、あの日自分が体験したことが次々に浮かんできて、それを絵に表したのだといって、その絵を見せた。素人の描いたけっしてうまくない絵であったが、原爆の悲惨がそくそくと見る者に迫るような強い力がみなぎっていた・・・。
この1枚の絵から、「市民の手で原爆の絵を残そう」という運動が2年にわたって続くことになる。
そうやって集められた絵が2200枚。そのなかに、加藤義典さんの「助けてあげられなくて ごめんなさい」と添え書きされた絵がある。崩れた校舎の下敷きになって救援を求める傷ついた少年の絵だ。原爆に遭遇して、逃げて行く途中の段原小学校で目撃したことを描いている。こちらを少年がじっと見つめている。片目は傷ついてふさがっていて、開いている左目が凝視している。見つめられた加藤さんはその子を助けたくとも少年を閉じ込めている木材を動かすことができない。広島中を焼き尽くした火の手がすぐ近くにまで迫ってきた。加藤さんは、少年の手をぐっと握り締めた。加藤さんは心のなかでつぶやいた。「助けてあげられなくて ごめんなさい」。
それから30年経っても、加藤さんの心にこの光景が焼きついたままである。そして、助けられなかった自分を責めている。そういう感情を、サバイバーズ・ギルトということを最近知った。

サバイバーズ・ギルト(Survivor's guilt)は、戦争や災害、事故、事件、虐待などに遭いながら奇跡の生還を遂げた人が周りの人々が亡くなったのに自分が助かったことに対して、しばしば感じる罪悪感のこと。

 今、戦争の記憶ということで、「原爆の絵」を調べている。その過程でこの絵のことを知り、サバイバーズ・ギルトのことを考えてみた。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2011-11-25 18:32 | Comments(0)
<< ゆずの季節 野次馬 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧