定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

銭湯の出来事

父のこと

1993年春に田舎の父が倒れ、9月に死んだ。当時、私は広島に単身赴任していたので、家族のいる東京と父母が住む敦賀と、広島の3か所をぐるぐる回っていた。といっても敦賀へ父を見舞いに行くことは、他の兄弟たちに比べると少なかった。おそらく一生のなかでもっとも多忙な時期を私はむかえていた。中国地方の放送局の番組を統括する立場にあったから、広島だけでなく山陰山陽を飛び回っていた。
 父の死去したあと、私が忙しさにかまけて父の最期をよく看取らなかったと責められた。だが、あのとき離れた地で仕事をする、人生で最も多忙な私にどうやって看護することができたであろうか。父が死んだとき悲しみはすぐに湧いてこなかったが、残された母のことだけが気になった。

父は癇癪持ちだったから幼い頃はよくひっぱたかれた。封建的で圭角の多い父には、思春期に数回苦い思いを味わされてきた。一度は義絶をはかったこともある。仲がよかったわけでもないが、かといって勘当が長く続いてもいいとも思ってはいなかった。憎たらしいと思う気持ちと苦労してきてねじくれた根性になっている父への同情が複雑に絡み合っていた。父の家族思い子供思いは分かってはいたが、その過剰が鬱陶しいと思うほうが先にたった。

 家に風呂などなく、町内の銭湯に通っていた頃のことだ。幼稚園へ入学したときだったと思う。珍しく父と風呂屋へ行った。頭を洗ってもらった。せっかちな父は石鹸でごしごし洗ったあと、冷水をざあざあかけた。左耳に水が入った。そのことを父に告げた。
父の顔色が変わった。立てと怒鳴った。
右足をあげて体を左に傾けて、とんとんと跳べと言った。回りにいた近所の知り合いや悪童たちが父の大きな声に、好奇のまなざしを私に向けてくる。赤面した。
下を俯いた私に、父は苛立ってさらに大きな声を出した。
「早くしろ。水を出さんといかん」
 私はますます頑なになって、黙って唇を噛んだ。突っ立っていた。
父は私の手を引いて、風呂場から脱衣場へ出た。そこでもう一度同じことを命じた。
「右足を上げて、とんとんと跳べ。早くしろ」
 私は口をへの字にして足元をみつめているばかり。父のゲンコツが飛んでくるかもと緊張した。が、それはなかった。
見上げると、心配そうな父の顔があった。
「じゃ勝手にしろ。」父は不機嫌そうに言った。

 そのあと、家に帰ってどうしたかはっきりしない。ただ、父が母にあいつは頑固な奴だとこぼしていたことを覚えている。
それから、私は中耳炎を患うことになる。小学校3年生ぐらいまで3年間にわたって病院へ通う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
[PR]
by yamato-y | 2011-06-23 23:44 | Comments(0)
<< 青葉若葉のキャンパス もんぺ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧