定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

ソ・ドヨン君の初出演映画

チョルラの詩

ソ・ドヨン君は、私がキャンペーンを手がけた「春のワルツ」の主役だったからよく覚えている。ユンズカラーの初めての専属俳優だったはずだ。東京で開いたパーティでも、ドヨン君は謙虚に振舞い、華やかな芸能界の人とは思えない穏やかな人柄に触れて好感をもった。
その彼が、今回、映画に初出演・初主演したそうだ。先日、その映像の案内を見知らぬ人物からいただいた。怪訝に思って包みの封を切ると、DVDと手紙があって、その映画のプロデューサーからだった。私が「春のワルツ」に力を注いだということを、ドヨン君のファンクラブの方から聞いて送ってくれたそうだ。

その映画を今朝見た。いい映画だった。韓流が始まったとき、やはり私も日韓合作をやろうかと動いたことがある。ユン監督と相談しながらシナリオのシノプシスを起こしたことがあった。韓国の男性と日本の女性の恋物語で、舞台はイタリアのクレモナと札幌の雪祭りだった。このシナリオ開発の話はかなりいい線までいったが、まだ韓流の実力というものを日本の出資者たちに分かってもらえず、資金的な面で頓挫した。
その折、いくつもの物語を考えたが、そのなかに在日韓国・朝鮮人と韓国人の関係を描くというのもあったから、今回の映画「チョルラの詩」はとても興味深かった。

ソ・ドヨン演ずる在日韓国人の平山幸久は、日本の学校で非常勤講師として詩を教えている
祖父が死んだので、母の代行で韓国の故郷を訪れることになった。釜山から全羅道へ向かうと、山と海に囲まれた美しい風景が現れる。目的地は、干満の差が激しく、時には離島となり時には半島にもなる小さな島。この島の風景が抜群に美しい。時代は1987年、ソウルオリンピックの前年となっている。まだ国土の開発が進んでいない美しい韓国だ。

そのふるさとの村に待っていたのが、従兄弟とその幼馴染の女性。その3人が、「詩」というものを通して結ばれていったり切れていったりする関係として描かれていく。美しい離島と詩の物語といえば、イタリアの名作「イル・ポスティーノ」を想起する。そういう作品性を期待した。
 残念ながら、その文芸部分に関しては物足りない点はある。だが、映画の構成は堅実に立てられ、展開力もあって緩むところはない。最後まで見ていける。
 主役のキム・ミンジュンがいい。朴訥な知性がよく出ていた。ヒロインは私ならこの役者ではないだろう。平山幸久のソ・ドヨンは日本人部分が物足りないが、島での出来事や葛藤などでは静かな苦悩がにじみ出ていてよかった。「春のワルツ」に比べると演技に深みが出てきたと思う。

 1987年から88年にかけて、私は日韓を数度往復し、もっとも多忙な時代だった。まだ明かりが少なかった韓国の地方都市のことをよく覚えている。この映画でも夜のシーンが美しかった。三好達治の詩を思い浮かばせるような光景がいくつもあった。

 機会があったら、劇場で本編を見てみたい。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2010-07-11 19:27 | Comments(2)
Commented at 2010-07-11 21:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sara at 2010-07-23 13:31 x
ソ・ドヨンさんの番組を制作中に、よくこちらのブログを訪問させていただいておりました。番組作りに熱心に取り組んでおられる様子が、詳細に伝わってきて、放送までがとても楽しみでしたし、ほかの番組も、明日のジョーなど、拝見させていただきました。
ご縁が続いて「チョルラの詩」にも関心を持っていただき、一ファンとして、本当にうれしく思います。機会がございましたら、本編も是非ごらんくださいませ。
<< 腐女子の研究 あの夏の朝のこと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧