定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

残日録錯覚

残日録錯覚

ここしばらく心楽しまない日が続いた。暑くなって体はすこぶるいいのだが、仕事がらみのことがいま一つ滑らかに動かない。うつうつとはいわないまでも面白くない日々であったというか。他人から見れば、冬に大患を得たばかりなのだから健康だけでも感謝しなくてはというところであろうが、仕事好き人間の私としては、番組の企画が立たなければ面白くない。

そこで気晴らしに藤沢周平でも読もうと思った。大江さんならディケンズを読もうというところだろうが、時代小説が好きな私は気散じに、「三屋清左衛門残日録」を手にした。これは数年前に単行本を買って堪能した作品だ。二度読みすることもあろうが、つまらない暇つぶしの書にはしたくないと、書棚の奥深くへしまった。あまり丁寧に始末したせいか、どこへ紛れ込んだかその本は行方が不明となった。
先日、会社の資料室でその書を見つけ、懐かしくなって読んだ。読後は悪くないのだが、何か物足りない。物語に決着がついていない気がした。はたと膝をうった。
「三屋清左衛門残日録」は「用心棒日月抄」のように上下2巻あるのだ。資料室の本はその上巻であって、下巻を求めて読み継げばいいのだと思い至った。
そこで、大磯、目黒の図書館で、その下巻を探したが見当たらない。仕方がないので、ブックファーストの文庫本売り場に行くと、1冊本であった。これは文庫だから、上下が収録されているだろうと、あえて新刊の文庫本を購入。それを昨夜読んだ。

結果から言うと、文庫本は先日読んだ資料室の単行本と同じ内容であった。上下2巻の物語というのはどうやら錯覚だったらしい。らしいというのはまだ私のなかで納得しないものがあるからだ。

隠居の三屋清左衛門は慰みにときどき料亭「湧井」に顔を出す。ここの酒肴がうまいだけでなく女将のみさを気に入っている。わりない仲にはなかなかならないが、一夜だけ清左衛門が寝込んだときに、みさと思しき存在が傍にいたことがあったと清左衛門は朧気に感じている。2人は互いに惹かれあっている。
そのみさが突然遠く離れた他藩の実家に戻ることになり、せつない別れとなる。今回読んだバージョンはここでエンディングとなっていた。

ところが、以前読んだときの記憶では、この実家に戻ったみさが、再び事情があって元の城下に舞い戻り、清左衛門との交流の日々を始めると、物語が流れていくのだが、先日読んだ単行本も文庫本もそうなってはいない。なぜ、こんなことになったのだろうか。私の記憶は錯誤であったのだろうか。

この小説はテレビ化され1993年にテレビドラマで連続放映された後、単発で1995年に『清左衛門残日録 仇討ち!播磨屋の決闘』という正月ドラマも作られたとウィキペディアに記されている。この続編のドラマがみさの帰還を描いたのだろうか。それを、私は小説本編にも書き込まれてあったと錯覚したのだろうか。
それとも、よく似た結構をもつ『用心棒日月抄』と混同したのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2010-07-07 12:12 | Comments(0)
<< ふるさとの味  隅の客 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧