定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

読み止しの、読みかけの

読み止しの、読みかけの

雨が降りかけた昨夕、白金のホテルのロビーで人と会ったがけったくそが悪かった。どことかの商事会社の重役だったということで、私はあれを知っているとか、あいつは私のポン友でとか、自慢ばかりする。用件になかなか入らず、どこの出身かとか名前の由来はとかどうでもいいことばかり聞いてくる。暗に、自分の出身地や母校のことを聞いてくれと言わんばかり。大学で講義をやった後でもあるし軽く疲れていたこともあって私はむくれた。顔に出ていた(と思う)。用件をすますと、さっと立ち上がってロビーを後ろも振り向かず出た。

こんなことで貴重な時間を費やせるかと、居直った。向さまは無礼な若僧と思っただろう。昭和12年生まれが何だ。財界の大物が何だ。むしゃくしゃしながら、日吉坂を上るとブックオフがあった。
新書でも買うかと店に入り、棚を漁る。斎藤環の『関係する女 所有する男』をぱらぱらと読む。内田樹のフェミニズム批判を論ってあるの記事見つけ、しばし読みふける。2009年刊行で定価740円に対して値札は400円となっている。ならまあいいかと購入する。

夜もその新書を読む。明けて、今朝はディビッド・ロッジの『小説の技巧』に手を出して3章ほど読む。時間の移動(タイムシフト)の節が映像のフラッシュバックを考えるのに分かりやすい話だった。

10時になって図書館に借りていた本の返却に行く。午前中だというのに館内はおおぜいの利用者がいた。村上春樹訳のレイモンド・カーバーの晩年の作品集『象/滝への新しい小径』を見つける。短編「親密さ」をその場で読んだ。しゃべくりの面白さに引かれ、この短編集を借りることにした。他に、阿部昭『あの夏』、渡辺容子『左手に告げるなかれ』、『ジャーナリズムと歴史認識』、中上健次『化粧』そして、村上春樹の『ダンス・ダンス・ダンス』。帰りの権之助坂途中にあるコーヒーショップに入り込んで、借りてきた本を読む。
1時間はいただろうか。気がつくと午後1時を過ぎ、店内は混みあってきた。どの本も読みかけ読み止しにしたまま、手提げ袋に詰め込んで駅に向かう。
蒸し暑い日曜は過ぎていく。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2010-07-04 15:21 | Comments(0)
<<  隅の客 7月になって >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧