定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

黄色い涙

黄色い涙

幻といわれた腐朽の青春テレビドラマ「黄色い涙」19巻の映像を入手。昨夜、6回分を連続視聴した。
漫画家永島慎二。彼の貧乏時代を描いた同名の自伝漫画「若者たち」が原作である。たしか、「ガロ」に連載されていた作品だったと思う。

永島とおぼしき主人公村岡栄介に森本レオ、その周りにうろつく売れない画家下条アトム、冴えない小説家志望岸部シロー、歌手を夢見るバーテンダー長澄修が扮している。制作は名古屋局のドラマ班であろう。脇の役者は、名古屋人が多い。「中学生日記」に出ていた顔だと記憶が甦る。シナリオはまだ売れていない市川森一だ。

 このドラマは昭和49年頃に放送されて、1、2回は見たと思うが、全部はない。当時はそれほど評判にならなかったが、近年、「トキワ荘」など漫画文化が注目されるようになって、ファンのなかでは評価が高まっていた。加えて、近年この主題が映画化され、嵐が出演するなど話題になる。だが、映画はいわゆるアイドル路線の作品だろうから、あまり見たいとも思わない。第一、二宮和也とか桜井なにがしが貧乏暮らしを演じても嘘くさい。最初に映像化された、テレビ連続ドラマを見たいとかねがね思っていた。
見たいと思っても、40年代の番組はほとんど残っていない。2インチのビデオを使用していた時期で、高価なビデオは繰り返しダビングして使い回されたため、ほとんど幻となっている。私が見たのは、普及する前のオープンリールの家庭用民生機で収録されたもので、奇跡的に19巻があった。おそらく出演の関係者が高価なビデオレコーダーを所有していて録画したと思われる。

物語の時代は、新幹線の営業が始まった昭和38年。オリンピックの前年であり、少年サンデー、マガジンの発行されて4、5年経った時代である。舞台は阿佐ヶ谷の裏通りにある森本のアパート、喫茶店のシップ、一膳飯屋のさかえ。まるでトキワ荘と近所のラーメン屋松葉とそっくりの設定だ。

コーヒーの80円、牛丼の100円にも事欠く主人公たちの貧乏で悲しい友情の物語だ。番組の作られた時期が物語の時代から10年も経っていないせいか時代考証や風俗、家具がよく出来ている。スタジオセットのちゃっちさはあるもののリアリティに目を奪われ、ストーリーがなかなか頭に入ってこないのが、ちょっと厄介だった。6畳一間のアパートといいブルーマウンテンを飲ませる喫茶店シップといい、そこに出て来る光景は、昭和48年から52年まで暮らした私の荻窪時代を髣髴とさせ、ディテールに見入ってしまった。ここに出て来るさかえの店員の児島美ゆきがとてもいい。あの頃、たしかにこんな女の子がいた。

今年の5月に放送した「ザ・ライバル~少年サンデー少年マガジン物語」でもドラマを作ってみたが、あの時代の「懐かし感」がとてつもなく心地よかった。もう一度、ああいうドラマを作ってみたいと、この「黄色い涙」を参考視聴しようという気になったのだ。今、やってみたくて仕方がない主題は、藤子不二雄Aの名作「愛・・・しりそめし頃に・・・」だ。
とにかく、銀河ドラマ「黄色い涙」全19巻をすべて見ようと思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2009-11-14 11:24 | Comments(1)
Commented by kaze at 2016-05-13 20:30 x
私も、もう一度このドラマを見たいのですが、画像の入手方法がありましたら
お教え願えないでしょうか。
<< 晩秋古都 秘めたもの >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧