定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

番組の内容を規定する尺と枠

c0048132_1240588.jpg
45分サイズ、世界わが心の旅 
 
尺と枠が番組を決める①
番組の性格付けは尺と枠が決めます。
 尺とは長さのことで、フィルム時代から引き継がれた言葉でしょう。かつて作品の長さはフィルムのフィート数で表されました。それが転じて「尺」になったです。だから番組の長さを「尺」と呼んだのです。番組の長さは内容にもおおいに関わります。
 ニュースであれば1分10秒が最小単位で、これだけあれば出来事の5W1H(いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どうしたか)を最低限表現できると考えられています。しかし、これでは情報の骨だけで、番組のように物語るということとは離れています。最低15分ないと番組は成立しないと私は考えます。
 15分を1つの単位として幾種類かの「尺」が生まれました。アメリカに習ったクォーターシステムです。15分、30分、45分、60分、75分、90分とさまざまなサイズの番組です。番組はその長さによって内容、形式、スタイルが規定されるようになってきました。
 15分サイズであれば、主な素材は一つまたは一つ半。物語はシンプルで主人公とそのウゴキを中心に描きます。素材とは構成する要素で、やや乱暴にいうとひとくくりの話題と考えてください。
 30分サイズは二つ半から三つの素材。15分に比べて、出来事の背景まで詳しく描かれ、状況が分かりやすくなっています。
 45分サイズは三つ半から四つの素材。取材は一段と深められ構成も曲折があって味わい深くなります。作品性が高まるのです。
 60分以上のサイズはいわゆる大番組、特集と呼ばれるものです。
 私が主戦場にしてきたのは45分でした。この長さは作り手にとって表現する場として長からず短からず。視聴者にとっても緊張を持続できる最適ではないかと、考えています。
 よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2005-03-14 12:42 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< ドキュメンタリーの現場から テレビ番組の味方です >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧