定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

広島カープと断捨離

広島カープと断捨離

 カープが優勝した。
前回の優勝は1991年のことであるから25年経っていたことになる。

 前回の優勝時の監督は山本浩二。チームは若い監督を中心にまとまって奮闘した。
その年、1991年のペナントレース中盤では首位巨人にかなり水を空けられていた。奇跡に近い挽回優勝を遂げることになる。その原動力は、病と闘う津田投手への激励だったと、当時の選手たちは口々に語る。
そのシーズンの初めに突然病に倒れ、戦線から離脱することになった津田を優勝の旅に連れていこうという機運がチームを一つにしたと言うのだ。

 記録に残る選手とは手放しで言えないかもしれないが記憶に残る選手となった津田恒美。このレゲンデ(伝説)を今から22年前広島局で仕事をしていた私らはふとしたことから知り、それを不屈の人生を生きた男の物語として世に送り出した。その番組は思いがけない反響を呼び、22年経った今も広島の人々の胸に残っていることが少し嬉しい。そのタイトルは、「もう一度、投げたかった~炎のストッパー津田恒美の直球人生」。

 難病と闘っていたとき、津田が妻にもらしたという言葉が今も耳朶に張り付いて離れない。
「どんなに野次られても、もう一度あのマウンドに立ちたいよ…」。どんなにカンバックしたかったことか、彼の気持ちを忖度すると心がいささか痛い。
この野球への思いを津田は愛用したボールにしっかり“刻んで”いた。そのボールには津田の投手としての決意が記されていた。マジックインキの字で「弱気は最大の敵」と書かれていた。このボールを初めて見たときの感動は今もしっかりある。まるで津田がいるかのような生生しさがあった。そのボールはまるで彼の分身のごとく不思議なオーラを発していた。

 この番組が、カープ優勝にちなんで、来る9月25日(日)に再放送されることになるという。これまでに幾度も再放送されてきたが、まさか22年経てもあるとは予想しなかった。津田さんを知らない若い世代には是非その英姿を見て、さらに大きな野球愛を育んで欲しい。

一方、先週末から昨日にかけて、私にとって大きな人生の儀式を行っていた。大磯の私の部屋に納めていた書籍を、ふるさとの図書館に送ったのだ。ダンボール箱にして80ほどになったか。40年にわたって蒐集してきた単行本から、資料として買い求めたものまで。サブカルチャー、「冬のソナタ」関連書、文学、原爆、キリシタン、詩集、歌集、美術書、写真集、映像関係書など多様な書籍群を一まとめにして送った。正直に言えば大型荷物車が我が家を離れて行ったとき、すこし虚ろな思いが残った。部屋はガラーンとして白々とした光景、つまり殺風景になった。

 古希を目前にして、人生に区切りをつけるつもりで断捨離を断行。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
# by yamato-y | 2016-09-14 15:38 | Comments(0)

愉快なケール

愉快なケール

先週の京都での集中講義で知り合った可愛い娘について話をしよう。
アメリカからの留学生で、DNという。スリムで足長のおしゃれな大学院生だ。その娘と週初めからメールをやり取りしていると、アドレスの名前がKale Nagasakiとなっている。どういうことって聞くと以下の答えがあった。
 《そして、忘れないうちに、私は De Na です。でも、私は小学校の時、『ドラゴンボール』というアニメの一色でした。学校から帰るたびに兄と一緒に『ドラゴンボール』を見たものです。『ドラゴンボール』を憧れて、自分も話に入りたくてキャラクタ-を作ったほどです。『ドラゴンボール』の中で、一番強い人たちは野菜を基づいた名前があります(例えば:べジタ (vegetable), カカロット (carrot)). だから、私はケールの野菜を選んで、Kaleというスーパーサイヤ人になりました。

それに、Nagasakiはどこから来たかというと、同じごろ「さすけ」という番組はアメリカで放映されていました。ご存知ですか。障害物競走の番組です。とにかく、あるエピソードに「ながさき しゅんすけ」というオリンピック選手が登場しました。たまらなくハンサムだと思って、十五歳の私には結婚したい気分が急に出ました。勝手に彼の名字を取りました。》

 いやあ、サブカルチャー恐るべし。日本のアニメが、外国の少女に大きな影響を与えてその人生にまで深く食い込んでいたのだよ。日本文化研究の研究者になったのだ。ちなみに日本語の文章はすべて彼女の自前のもの。手書きで漢字入りの文章もうまい。本当にスーパーサイヤ人だ。
このスーパーサイヤ人は、来日して何を研究しているかというと、日本の60年代のテレビに現れた黒人表象についてである。なんだか面白そうな主題だが、意外な難儀が待っていた。というのは、60年代の映像がほとんど残っていない。当時VTRはようやく商業ベースに乗ったばかりで、かつ使いまわしを迫られて、ニュースはともかく当時の娯楽もののビデオはほとんどない。ひょっとすると、民間の富裕層でソニーのベータで収録している人がいるかもしれない。そこで、ケールに代わって、呼びかけたい。
〈60年代70年代のドラマやドキュメンタリーで黒人の登場する番組のビデオを持っている人がいたら、情報をいただけませんか。〉

ケールはこれから2年ほど日本に留まって、研究を深めるという。どんな研究成果を見せてくれるか楽しみにしている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
# by yamato-y | 2016-09-07 14:33 | Comments(0)

秋刀魚は目黒

秋刀魚は目黒

昨日、9月4日。目黒駅北口で秋刀魚まつりが開かれた。祭りに際して、準備された秋刀魚は6000から7000尾。朝、9時から炭に火がつけられ、封鎖された道路のあちこちから煙が上がる。大量の秋刀魚が炎に包まれ、青い煙がビルの谷間からもこもこと沸き立つ。あまりに煙いので、祭りの世話人のなかにはゴーグルを付けた者もいる。秋刀魚を食べようと押しかけた客がおよそ2000(午前7時現在)。朝4時半から並んだという。この行列の先頭は私の住むアパートの前なので、その騒々しさは半端ない。朝からすさまじいおしゃべりの渦が勃発し、わーんという音の塊になってビルの壁に当たっては反射。煩くてうかうか日曜の朝寝もできない。やむなく、7時40分、私も行列の端に並んだ。

 祭り開幕となって秋刀魚が振舞われたのは9時10分過ぎだから、およそ1時間半行列していたことになる。列の中で下町から来たという年配の男が語っていたことを耳にした。「2時間もかけてたかが秋刀魚を食べるだけに行列をする。スーパーへ行って秋刀魚を買って、自分ちで焼いて食べりゃいいって分かっているけど、この人ごみのなかで待ち続けるという風情がいいんだよ」まわりの人も共感していた。

 2回ほど、雨粒が落ちてきたが、幸いにも本降りにはならず。9時半、炭火でよく焼けた宮古産の秋刀魚の塩焼きをゲット。ほくほくの秋刀魚を野外テーブルの上で広げて食す。美味。苦味がおいしい。脂がよく乗っていた。

 8月29日から9月2日まで、私は京都の大学で集中講義に出向いていた。久しぶりの京都で、宿と大学以外は動かなかったが、百万遍の大学街界隈や四条木屋町のホテル周りで京都の香りをたくさん嗅いだ。このところふさぎ込んでいた気分もすこし晴れた。
 9月1日の夜は、京阪楠葉に住む娘夫婦らと鴨川の床で食事。夜空は澄み、秋出水で水かさを増した鴨川の小気味良い流れ、影絵となってはしゃぐ観光客、東京では味わえないほっこりした気分になった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
# by yamato-y | 2016-09-05 14:50 | Comments(0)

黒い雨のこと

黒い雨のこと

 核による黒い雨はヒロシマとナガサキしかない。
数千回、数万回におよぶ核実験があったとしても、黒い雨は降らなかった。なぜなら黒い要素の炭素は人家が燃えて生成したもので、ほぼ無人の地帯(ノーマンズランド)では草も水も炭素となりえず、核爆発はあっても黒い雨は降ることはなかった。

 広島の黒い雨の降雨区域のことは早くから知られていた。井伏鱒二のそのものずばりの『黒い雨』という作品が果たした役割も大きいだろう。実際、広島の区域は市の西部のかなりの部分に降ったこともあって、多くの被爆者に体験が残されていた。
 一方、長崎は爆心そのものが市の北部浦上地区という限られた区域ということもあり、その後吹いた風に乗って核分裂生成物質は島原方向の山間地にフォールアウトしていった。そこは人家が少ないため、黒い雨の体験者は限られた人しかいない。

 31年前、長崎放送局に勤務したいたとき黒い雨のことを追いかけたことがある。ちょうど被爆40年を迎える時期にあたり、長崎、広島の両放送局が共同で取材制作しようということになり、そのテーマとして黒い雨が挙がったのだ。

 昨日、大磯の書屋を整理していたところ、1985年の取材ノートとファイルが出てきた。

その仕事の始めは体験者の証言集めだった。ローカルニュースを通じて何でもいいから黒い雨の情報を教えてほしいと呼びかけたところ20通ほどの手紙が到来した。その一つ一つを取材して、雨の「物証」を手に入れようとしたのだが、じっさいにはうまくいかず、広島キャンペーンで一件有力なものが見つかっただけで終わった。長崎では証言だけは8件ほどあった。その分布を見ると、明らかに浦上から島原方向に帯状に並んでいた。

 この風や当日の気象状態を知るために、島原観測所に当時在職していた所員たち数名と雲仙付近の長崎を遠望する小高い山に登った。当日は晴れて暑い日であったが、長崎あたりで爆発が目撃されたあと、その雲が流されて橘湾を越えて島原半島にまで至ったということを所員の証言、観測所日誌やそのほかの資料でも裏付けられた。

 次にその分布を正確に把握したいと放射線測定を実施する。その中心が理化学研究所の岡野真治博士となった。理化学研究所には昭和20年に雨どいなどから採取された黒い雨の粉末が保管されていて、その分析を依頼したこともあって、理化学研とは懇意な関係にあり、そこの専門家ということで岡野博士が分布調査の担当となった。

 飄々とした岡野博士が持ち込んできた機材はアタッシェケースと一台のモニターテレビだけ。こんなもので測定など出来るのかと危ぶんだが、岡野さんは淡々と調査準備を行い、機材をワンボックスカーに積み込んで出発した。車の先頭にセンサーとムービーカメラを設置し、そこで拾った放射能の価と核種をモニター画面に表示するという優れた装置、すべて岡野さんの手作りだという。走行した場所がすべてビデオに映像が記録されると同時に放射能の有無・価がたちどころに画面に表示記録されるのである。

 余談になるが、この放射能測定装置は15年後に発生した福島第一原発事故の汚染地帯を克明に記録してその威力を満天下に示すことになる。岡野さん一人で研究チーム一個師団にあたるという伝説が生まれたのもむべなるかな。今になって岡野さんの偉大さを知ることになるが。

 調査のため2日かけて長崎市内から島原半島南端までワンボックスカーを走らせた。40年経って減衰したとはいえうっすらとセシウムが捕らえられ、黒い雨の降雨域がおおよそ浮かび上がった。さらに綿密な調査を重ねればもっと正確な情報も得たかもしれない。が、番組取材は思わぬ発見によって大きく広島へ軸足が移っていく。その頃広島の己斐で見つかった黒い雨の痕跡の調査が大詰めを迎えていた。ある民家の屋内の壁のうちに黒い雨の痕跡が残っていたのだ。屋内であったため、戦後あまた行われた地上核実験の影響を受けていない。純粋に広島原爆の産物として現認できる最良の資料だった。番組の主筋はそちらへ移っていって、長崎は番組の脇筋になった。
 この後、取材班は広島の黒い雨痕跡のデータを持ってアメリカに飛び、原爆を開発したR研究所などを訪ねて、開発当事者たちの見解をも取材して、黒い雨の正体に迫っていく。 その成果は1985年、「黒い雨~広島長崎原爆の謎」と題して放送された。

 あれから31年、手元に長崎黒い雨のデータが残された。このまま廃棄するのは忍びない。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
# by yamato-y | 2016-08-15 14:38 | Comments(0)

歩くこと

歩くこと

2月からジムに通い、歩行と筋肉トレーニングの軽いメニューを、週3回こなしている。
オープンが9時なので、8時40分過ぎに家を出ると、定刻の5分前に着く。そこで、すぐに使用するマシンの予約を入れて着替えをする。
 私の場合、30分時間制限のランナーマシンを確保することから始める。走らない、早歩きを時速6キロで歩く。歩行距離はだいたい2・97キロ。終わると、汗びっしょりとなる。この後、さまざまなマシンによって、腕や脚、背筋などを鍛えるのだが、それぞれ連続10回を1メニューとして、3回繰り返してエンド。これを5種目ほどやって、最後にマットの上でストレッチを入念にやって終了となる。
 今の季節であれば、終了時にはシャツは汗みずくになって、水分補給がおっつかない。
ロッカールームにあるシャワーを浴びて、着替えてセンターを出ると、いつも10時。これから自宅にもどって、着替えて出社。オフィスの席には10時40分過ぎにはいることになる。
この習慣を半年続けた。体調は悪くない。なにより快便。眠りは浅いが。

 さて歩くことだが、マシンに歩行距離や歩幅が表示されるので、だんだん自分のペースが分かってきた。歩幅は67センチから81センチ。1000歩続けると700メートル少し。時間にして7分20秒。これを基盤にして、身の回りの環境を計ってみようと考えた。

 目黒の自宅からJR駅まで300歩、210メートル。
 JR渋谷からスクランブルを渡り、みずほ銀行の前を通って、東急本店前までで500歩。
そこからオフィスまでが800歩。つまり渋谷駅から会社までが1300歩、910メートルとなる。私は朝夕通勤だけで3200歩、2240メートル歩いているわけだ。

 この身の回りを計測することをもう少し続けてみよう。なんてことをほざいていたら、仲間がそんな面倒なことしなくて万歩計を着ければいいじゃないかと冷やかす。いや、手作業で計測するから面白くてタメになる、のだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
# by yamato-y | 2016-08-04 12:06 | Comments(0)

神戸行き

神戸行き

8月2日、家を6時10分に出た。
山手線で品川までの途中、カメラマンのNさんと偶然遭った。久しぶりだ。いろいろな事情があって、カメラを回す機会が減っているNさんだが、言葉の端々に映像に対する思い入れを感じ、やはりこの人も番組を作るのが好きなんだなと改めて知って嬉しかった。

新幹線は未明の豪雨で、小田原あたりでのろのろ運転でダイヤが少し乱れていた。来た電車に乗ったらひかりで、結局名古屋で降りてのぞみに乗りなおし、新神戸に着いたのは9時41分。駅前からタクシーで葬祭場に駆けつけると、ちょうど曹洞宗の導師が入場するところだった。
2列目に座り、亡き友Eの遺影をしっかり見る。すこし年をとっているが、昔の面差しは残して、穏やかな顔だった。若干憂いがあるように見えたのは思い過ごしか。目の前の棺のなかにEが眠っていると聞いても、にわかに信じがたい。そのあたりから、「元気かあ」と言って現れそうだ。
葬式は1時間で終了。最後に棺に花を投げ入れて終わった。

会場に、当人の生前書いておいたという遺書らしき文章の朗読が流れた。1970年大阪万博でみな浮かれていた夏、彼は職を探して大阪の街を歩き回っていたという。「ここが人生の底だった」と回顧している。その後、業界新聞の記者となり、以後41年間勤め上げたことになる。毎日原稿書きと取材に追われるが、それでも文学への志は一日も忘れたことがないと、Eの最後となった文章の後半に「決断」を述べていたのが、心に残った。

 11時過ぎ、会場を後にして三宮ガード下の「珉珉」へ。ギョーザ2皿と生ビールで、陰膳めいてEの冥福を祈る。
 そのあと、阪神電車に乗って東灘の住吉へ向かう。ここはEが最初に住んだ町で、2年ほど遅れて私もそこに住んだ縁の場所だ。
こんなことがなかったら、おそらく来ない下町の小さな駅に到着すると、8月のつよい日差しが駅舎をじりじり焼いていた。白茶けたアスファルトの道を歩いて、街の中ほどにある浄土真宗本願寺派の寺院を探す。その隣の文化アパートの2号室が私の「人生の底」を過ごした場所。あの頃、私はどんな目をしていたのだろうか――。Eの死を契機に、私は当時の自分を確かめたい気分でここまで来たものの、何かふんぎりのつかないもやもやしたものが胸中に漂っている。(意気地なし)

街は40年前とすっかり変わっていた。20年前の阪神淡路大震災で、この街も手ひどく傷づけられたのだから変わっていて当然といえば当然。

 私のアパート以外の町並みはすっかり整備され、小じゃれた戸建てが並ぶ中、私の文化アパートは1973年のまま。まるでそこだけ時間が止まったようだ。ドアの取っ手の下にある傷もそのまま。だが、このアパートに住人はいないと思われる。人の気配がまったくない。
しばらく、その建物の周辺をうろうろした。その後、Eが住んでいたあたりを回って、JRの住吉駅に向かった。
 
 新大阪で、小腹が空いていることに気づき、たこやき10個のセットを食す。ハイボールを飲もうかと思ったが、新幹線のなかのほうが快適だと気づきやめた。

米原を越えると伊吹山が左側に現れる。この山の向こうに、ふるさと敦賀があるのだ。
帰路、ふと思った。Eの葬儀の最後に流れた曲、中島みゆきの「糸」だった。「なぜめぐり逢うのかを私たちはなにも知らない」というあの曲だ。ピアノだけの演奏だったのだが、あれは故人のリクエストだったのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
# by yamato-y | 2016-08-03 12:26 | Comments(0)

 友だちが死んだ

 友だちが死んだ

昨日、友達の妻から電話があった。夫のEが死んだと知らされた。土曜日に貧血を起こして絶息したそうだ。
5月下旬に、Eから手紙を貰って遺言のようなことが書かれてあるので、気になって、高山のTとかたらって神戸三宮まで行って、彼と会い、酒を飲んだ。最後の酒盛りになるかもしれない、とEも言っていた。肝臓がやられて大量の血を吐いたというようなことをぼんやり語った。顔が腫れていた。むくんでいると言っていいか、最初は元気だったが、1時間ほど経つといっきょに口数が減った。疲れやすくなっている、予断は許さないだろう。

三宮の改札で、Eを送った後、Tと二人で飲むことにした。三宮駅裏のさえない居酒屋だった。Tも私と同じ印象をもっていた。「せめてあと2年。70までは生きてほしいな」。2年とはあまりに短い、がそうも言っておられない。互いに皆晩年にあることを思い知らされた夜だった。

 Eの妻からきいた訃報を、飛騨高山のTに伝えた。突然の電話でTも異変があったことを悟ったのだろう。「何かあったのか」と聞いた。死を伝えると、「Eの死は思ったより早かったな」と残念そうに語った。相談して、私だけが火曜日の葬式に出席することにした。教育委員会の仕事をボランティアで行っているTには夏休みは休むことができないのだ。詳しいことが分かったら後刻報告すると言って私は電話を切った。

 ちょうど小林勇の『彼岸花』を読んでいて、33人の故人を偲ぶ厚情の文章に心打たれていた最中だったから、Eの訃音が入ったとき最初フィクションのようにしか思えなかった。
Eの妻とも高山のTとも話し終えて、ひとりぼんやりEやTと遊び歩いた昭和41年の夏から冬にかけての金沢の日々を思い出す。私は浅野川の、Eは犀川のほとりに住んでいて、その間を幾たび往復したことだろう。まだ金沢に市電が走っていたが、節約のため歩いた。そうして浮かした金でサントリーレッドを買い、Eの家の電気炬燵に足をつっこんで、Eの文学談義を聞いた。神戸出身の彼が金沢を選んだのは、母が泉鏡花を愛読していたからと言った。彼の名前の欣哉は鏡花の「滝の白糸」の主人公の名前である。
 サークル活動などはまったく関心がない私と違って、Eは文芸部に入って精力的に創作や詩を書き始めていたし、先達の作品の研究にも余念がなかった。当時、彼は現代詩人の黒田三郎と茨木のり子に強い関心を示した。黒田の「ひとりの女に」をよく朗誦した。普段照れ屋のくせにそういうときEは黒田三郎になりきって、「ユリ」への思いを密やかに語った。

 教養部から専門にあがる時、出席日数が足らないという理由で留年になった。実は私も足らなかったのだが、担当教官に泣きを入れて、追加論文を書くことで許されたのだが、Eは一度だけ請願に行ったものの、教官の態度が無礼だと二度と足を運ばなかった。そのため1年間Eはキャバレーのボーイで生計を立てる。落第して親からの仕送りに頼るのは筋が通らないという。加えて世の中の裏も見てみたいという欲求があったのだろうと、今になってEの思惑を知る。Eの姿がキャンパスの中で見かけることがめっきり減った。その頃から次第に疎遠になる。

 大学がロックアウトされ、授業が休講続きになった頃、Eが退学して関西に戻ったと聞いた。しばらくすると、挨拶状が届いてある業界新聞の記者になったと報告があった。大学中退で業界新聞の記者、まるで絵に描いた文学青年じゃないか。私は少し羨ましかった。

 Eの思い出は尽きない。明日、葬儀に出たあと、Eの人生をもう一度考えたい。

最後に、小林勇が好きだったという蘇東バの一節を記しておく。
人生無別離 誰知恩愛重

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
# by yamato-y | 2016-08-01 14:18 | Comments(0)

再会

神戸にて

午前3時、神戸のホテルで眠れずこの文章を書いている。昨夜、三ノ宮で大学時代の親友二人と30年ぶりに再会し、痛飲した。神戸に住むEの肝臓がよくないということを知り、高山のTと相談して再会の場をもった。神戸市役所の24階の展望台から復興した神戸の港を眺めた後、三ノ宮駅そばの地下の割烹で2時間ほど三人で語り合った。近況のこと、遠い学生時代のこと、今の時代のこと。夢中で語りながら、あっと言う間の2時間。気がつくとEは疲れた様子、お開きにして、三ノ宮駅の改札で別れた。彼は静かに笑いながら人混みの中へ消えた。
残ったTと私はもう一軒だけ居酒屋で飲み直し。去った彼の無事を祈り、互いに頑張ろうと励ましあう。昔のままだ。
そのあと風に吹かれて、湊川神社まえのチサンホテルに戻り、風呂に入ってすぐ寝た。

そして目が覚めたというわけである。様々なことが去来する。
長い間忘れようとしていた金沢時代。貧しく、サントリーのレッドしか家飲みできなかったあの頃。
夜が明けたら、三人はまた元の暮らしに戻ってゆくだけ。

- [ ]
[PR]
# by yamato-y | 2016-06-05 03:55 | Comments(2)

断捨離か終活か

断捨離か終活か

週末、ずっと大磯にこもっていた。蔵書の整理というか処理に追われた。1970年から仕事に就いて大阪、荻窪、武蔵小杉、長崎、成増、広島、大磯と転居を繰り返しながら○○ほどの書物と暮らしてきた。どうやら目黒で終焉となりそうな気配、戸建ての家ならともかくマンションでは本を収納できない。かと言って古本屋に捨て値で売りはらう気にもなれない。

故郷の図書館でもお願いしようかと、ある人に相談したところ色よい返事をいただけた。実数がどれほどで、どんな分類の図書があるかを報告することも兼ねて、先週から週末に一人で大磯に戻って本の整理にあたった。
もっとも多いのは大江健三郎関係書であったが、意外にあったのが詩、詩人論、詩批評だった。ざっと350はある。こんなに現代詩を読んでいたっけと自分でも首をかしげるばかり。むろん、句会に入っていたから俳句関係書は少なからずあるが、それと負けないほど日本の現代詩が多い。中でも交流のあった吉野弘さんのものがエッセイまで含めるとかなりあった。整理しながら、久しぶりに黒田三郎、永瀬清子、立原道造らの詩を読みふけった。大手拓次や八木重吉、高良留美子、石川逸子の詩の言葉は今思い出しても胸に沁み入る。
その昔、映像の勉強に役立つだろうと演劇書に手を出したことがある。その余波で、ブレヒトやテネシー・ウィリアムスらの戯曲、詩と花田清輝の著作集が書棚の奥から出てきて、しばし読みふけった。先頃亡くなった蜷川幸雄も若い頃は、ブレヒトの芝居に強い関心があったと記憶するが。異化効果などということに言及していた気がする。

戸惑ったのが雑誌の類。「世界」「群像」「創」「ブルータス」「新日本文学」「美術手帖」「芸術新潮」の数が半端でない。だが、古書としては価値ゼロに等しい。これらは古紙として資源ゴミの日に出すよう、隣人からアドバイスを得た。

職場の友人から断捨離をするとスッキリするよと言われたが、そうはならない。まだ大磯の山の書屋に梱包しないままにしてきた諸書を思って恋々としている。憮然と湘南新宿ラインの車窓を眺めている。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
# by yamato-y | 2016-05-30 12:46 | Comments(0)

3つのぼう

3つのぼう

人間は赤ん坊として生まれます。親の情けで生きるのです。赤ん坊は1人では生きていけません。一つ目の“ぼう”です。

長じて、人間はときどき生きているのが嫌になり、姿を消したくなります。実際にはなかなか消すことはできない、せめて遊びだけでもと、「隠れん坊」が生まれました。これで2つめの“ぼう”です。

 アテネの神殿には、「汝自身を知れ」という扁額がかかっていたそうです。偉いことを考える人が古代には複数いたそうです。ソクラテスさんもその1人ですが、彼はこの言葉について言及しますが、彼が考えたわけじゃない。
2014年ごろから、渋谷のスクランブル交差点に長い棒を持った外国人観光客の姿が目につくようになりました。よく見ると、棒の先にはカメラ代わりのスマホが装着され、そのレンズは棒をもつ本人をねらっています。まさに「汝自身を知れ」。その棒は自撮り棒と呼ばれ、3番目の“ぼう”にあたります。

 こんな世迷い言を思いついたので、ブログに書き残しておこうっと。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
# by yamato-y | 2016-05-25 15:51 | Comments(0)


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧